FC2ブログ

初心者カルル講座〜コンボ篇〜

ここでは最低限覚えておくと便利な、比較的簡単なカルルのコンボについて説明していきます。


では早速コンボのレシピを・・・の前に、皆さんに知っておいてほしいことがあります!(いつも前置きが長くてすみません^^;)
一つ前の記事でもちらっと書きましたが、トレーニングモードでのコンボと実践のコンボは全然違います!
何故かというと、トレーニングモードでは基本的にレシピを傍らに置きつつ、指定された始動技が100%相手に当たるとわかっている状態でコンボの練習をします。それに対して実践ではレシピを確認している暇はほとんどありませんし、始動技が当たったとしてもしっかりヒット確認ができていないとレシピ通りにコンボをすることは不可能です。
これが、トレモではほとんど失敗しないコンボなのに実践だと全然できない、という現象に対する一つの答えだと思います。


では初心者さんはどのようにコンボをしていくべきなのでしょうか。私が思う最良の方法は、『できるだけ汎用性の高いパーツで構成されたいくつかのコンボだけを使うようにする』というものです。特にカルルというキャラは、姉と敵との位置関係・画面端との距離・姉ゲージの状況など様々なことを考えてコンボする必要があります。それがカルルというキャラの面白さでもあるのですが、同時に初心者さんにとっての大きな壁でもあります。


そこで、私は"これだけ覚えておけばOK"という4つのコンボを考えました!できるだけ簡単にできるように配慮もしたつもりです。
コンボのダメージはそれほど高くありませんが、難しいコンボで失敗してチャンスを逃すよりも、簡単で確実にできるコンボを繰り返してダメージを稼いでいく方が勝ちやすく楽しいのではないかと思い、セレクトしました。
前置きが長くなりましたが、そのコンボレシピを見ていきましょう!


①カルル単体画面端コンボ

(画面端で)5B>6B>2C>5B>6A>jc>JB>jc>JB>JC

このコンボを見てどのように思われますか?
他キャラのコンボがある程度できる方なら簡単かもしれません。
逆に全くの初心者さんは、「5B??jc??」となっているかもしれません。この数字はテンキー表記と言い、格闘ゲームのコマンドを表記する際によく用いられるものです。「格闘ゲーム テンキー表記」等でググっていただければ、詳しいサイト様方が出てくると思いますので、説明はそちらにお任せします。
小文字のjcはジャンプキャンセルのことです。場合によっては省略されることも多いです。大文字のJCはジャンプCのことなので、間違えないように気をつけましょう。

さてこのコンボですが、コマンド技が無いので初心者さんにも比較的やりやすいのではないかとおもいます。
最初の5B>6BはBを連打していれば勝手に出て繋がるので簡単です。2C>5Bは、2Cの後に相手が壁バウンドしたのを見てから5Bを押すと良いです。
6A以降のジャンプキャンセルを使ったコンボは、初心者さんにとっては最初の壁になるかと思います。ブレイブルーではほとんどのキャラの基本コンボにこのようなパーツが使われているので、避けては通れないです。が、どうしてもできない場合はJB>jc>JB>JCをJB>JCにする等簡略化していただいても問題無いです。おいおいできるようになりましょう。逆に慣れている方なら、JB>J2C>JB>jc>JB>JCにする等コンボを伸ばしてもらっても大丈夫です。
今後はとりあえず、5B>6A>jc>JB>jc>JB>JCを「エリアル」と表記することにします。


②人形が近い時のコンボ
次は人形を使ったコンボです。姉・カルル・敵の位置関係は問いませんが、姉と敵が近い時限定のコンボです。具体的には、46D(テネレッツァ)が相手にヒットする距離限定です。レシピは以下の通りです。

5B>6B>623C(カンタービレ)>46D(テネレッツァ)>エリアル

初心者さんの鬼門は昇竜コマンドのカンタービレでしょうか。昇竜コマンドについては使っているコントローラ(アケコン・パッド)や持ち方、右向き左向きによって難易度が変わります。私はパッドを使っていますが、たまにアーケードでやろうとするとほとんどカンタービレが出ません。ですので、これに関しては慣れという他ないと思います。コツを詳しく説明されているサイト様も多いと思いますので、ぜひ自分に合ったやり方を見つけてみてください。
カンタービレは拘束時間が長いので、当たったのを見てから姉を起動して46を入力してDを離しても十分間に合うと思います。
後気をつけるのは、姉と向かい合う位置関係であっても、カルル本体の向きに応じて46Dを入力することでしょうか。
その後はDボタンは離したままでOKですので、2体を同時に操作するというよりも交互に操作する感覚で、楽にとらえてほしいと思います。
エリアルは、位置関係によっては全部繋ぐのが難しい場合があると思いますが、あまり気にしなくても良いです。最悪テネレッツァをヒットさせてコンボを終わってもダウンは奪えるので、大きな問題は無いです。


③人形が中距離にいる時のコンボ
まずレシピを書きます。

5B>6B>カンタービレ>41236D(フォーコ)>エリアル

先ほどのコンボのテネレッツァがフォーコに変わっただけですね。
相手にカルル本体の技が当たった時、必ずしも人形が近くにいるとは限りません。そんな時に便利なのがフォーコです。
フォーコは今作で移動距離・スピードが大幅に伸びたため、多少離れたところに人形がいても問題無く拾うことができます。
ただ、テネレッツァよりは発生が遅いので、カンタービレが当たった直後から入力を始めないと間に合わないかもしれません。また、人形が遠いほど入力は早めに完成させる必要があります。
フォーコで拾える距離は感覚的なものがありますが、人形がギリギリ画面内にいないぐらいの距離が限界だと思います。
後、フォーコの後のエリアルは慣れが必要で難しいです。できない方は無理しなくてもいいです。


④人形が遠距離にいる時のコンボ
流れで大体わかると思いますが(笑)、次は人形がかなり遠い距離にいる時のコンボです。これは今までに比べると簡単です。

5B>6B>カンタービレ>22D(ラ・カンパネラ)

以上です。ラ・カンパネラ(通称姉呼び)は人形を近くに呼び寄せる技で、地味ですが重要です。
詳しくは立ち回り篇で解説しますが、基本的にカルルと人形は近い位置を保っておくことが大切です。逆に言えば、人形がカルルから遠く離れた位置にいるという状況はカルル使いの我々としてはまずいわけです。そのまずい状況を、カンタービレ中の時間を利用して解消しようというのが今回のコンボです。
コツとしてはしっかり2を2回入力することでしょうか。2Dが暴発してしまうとかなり悲惨なことになりますので…(遠い目)


以上4つのコンボ、いかがでしたでしょうか?人によってはこのコンボでも難しいという方もいらっしゃると思います。というか最初ならそれが普通だと思います。
確実にコンボを決める云々の話をしましたが、初めからできる必要はありません。
トレーニングモードで2回に1回成功するなら上出来です。すぐにネット対戦に繰り出すべきだと思います!
極端かもしれませんが、トレモで3回ほど成功させることができたなら、ネット対戦に挑んでもいいと思います。前の記事でも述べたように、コンボは対戦の1/3に過ぎません。また、トレモでの成功率を上げることよりも実践での成功率を上げることの方が重要です。


長くなりましたが以上でコンボ篇の説明を終わります。こんな弱いコンボばっかりじゃ勝てないよ!と思う方もいらっしゃるかと思いますが、是非とも残り3つの記事を読んでいただいて、実践してみてほしいです。難しいコンボを覚える必要はなく、これらのコンボで十分だということがわかっていただけるかと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する